「モンサンミッシェルだけ」になっていませんか!?

フランスの有名観光地の一つモンサンミッシェル。海の中にお城のような修道院が浮かんでいるように見えるこの観光地をご存じの方は多いのではないでしょうか。パリとモンサンミッシェルを観光したいという声も耳にしますが、実はパリからは約370キロも離れています。距離にして東京-名古屋間とほぼ同じくらい離れているのです。外国人旅行客が、東京観光のあとに名古屋観光を1日だけしてそのまま東京に戻るという計画をたてていたとしたら、少しもったいないと感じる方もいるかもしれません。パリとは一味変わったノルマンディー地方やブルターニュ地方の良さを味わうためにも、フランス人に人気の観光地であるサンマロも訪れてみてはいかがでしょうか。

 

フランス人も太鼓判!港町サンマロとは?

サンマロはモンサンミッシェルから約50キロに位置しており、電車や高速バスでモンサンミッシェルへアクセスすることができます。プランとして、サンマロに一泊して翌朝一番でモンサンミッシェルへ出発してもいいでしょう。 フランス人に人気のサンマロの魅力の一つに、美しい海辺があげられます。美しい海を眺めながらの散歩を浜辺でするのもいいですし、夏場は浜辺で潮干狩りや海水浴を楽しむのもいいでしょう。サンマロには12世紀ごろに築かれた城壁都市があり、城壁内の古い街並みの散策も醍醐味の一つです。さらに港町ならではの新鮮なシーフード、フランス料理等がリーズナブルに楽しめるのも魅力の一つでしょう。モンサンミッシェルへの旅行を考えている方は、ぜひフランスの古き良き港町サンマロにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。